HOME > Bizoux > 宝石で選ぶ > アクアマリン

アクアマリンのジュエリー

その名のとおり、透き通るように美しい海のような宝石「アクアマリン」。中世ヨーロッパでは「夜の宝石の女王」と言われ、マリーアントワネットに愛された宝石とも伝えられています。ビズーでは、濃く深いブルーをもつ、稀少なサンタマリア・アクアマリンを取り揃えました。やさしい雰囲気にも、凛とした雰囲気にも寄り添うアクアマリンは、装いにさりげない上質感を漂わせてくれます。(アイテムのラインナップ:指輪、ネックレス、ピアス)

リング ネックレス ピアス/イヤリング

18 件中 1-18 件表示 








18 件中 1-18 件表示 

ビズーのアクアマリンが選ばれる理由

【1】産地  今や幻・・稀少なブラジル・ミナスジェライス州産

サンタマリア・アクアマリンとは、20世紀前半にブラジル・ミナスジェライス州のサンタマリア・デ・イタビラ鉱山で見つかった、深くて濃いブルーのアクアマリン。その美しいブルーは多くの人を虜にしましたが、鉱山はすでに枯渇し、閉山。その後、モザンピークの鉱山で色の濃いアクアマリンが発見され、現在では最上級の濃く深いブルーをもつアクアマリンの呼称として「サンタマリア・アクアマリン」とよばれています。

ビズーで扱っているのは、そんな中で、いまや幻といわれるほどに稀少な「ブラジル・ミナスジェライス州産」のサンタマリア・アクアマリン。深く濃いブルーは文句なしのトップカラー。普通の「水色」のアクアマリンとは、まるで別の宝石とも言える美しさです。

ブラジル・ミナスジェライス州 サンタマリア・アクアマリン

【2】品質 バイヤーが一粒ずつ厳選

サンタマリア・アクアマリンが濃い青をしているとはいっても、そこは、やはり自然が生み出したもの。ほんのわずかながらも色に個性があります。ビズーでは、濃いと言われる「サンタマリア」の中でも、特に濃くテリのあるものだけを厳選しました。その違いは、ジュエリーにしてしまえばほとんど気づかないような差ですが、確かに存在感は違ってくるのです。ルーペを使って、カラー、テリ、キズ、内包の有無などを、1ピースずつ確認。ロットの中から品質基準をクリアしたものだけを厳選して買い付けています。

サンタマリア・アクアマリン