HOME > Bizoux > ブライダル > 私たち > クオリティ

















ビズーのブライダルリングを作るのは、400年もの歴史をほこる宝飾の町、山梨県甲府の職人たち。何十工程も経て完成する指輪の、ひとつひとつの工程を専門の職人が担当し、作業はすべて手作業。
「職人の手こそが技術の神髄」だという誇りを胸に、職人たちが最上の技術を注ぎ作り上げています。



ビズーのブライダルリングは、スタンダードでシンプル。だからこそ、細やかな仕事の精巧さが、一段と際立ちます。それは、逆を言えばダイヤモンドを留める爪の形ひとつまで、コンマ1mmの失敗も許されないということ。指輪は、受け継がれた技術をもって、完璧な形で仕上げられます。




職人が惜しみない情熱をこめて作り上げた指輪。長い年月をともにする耐久性と最高の着け心地を両立するため、職人がミリ単位でリング幅やボリュームを調整。完成した指輪は、指をとおせば滑らかで吸いつくような着け心地。身につけ続けるほどに、その精巧さを感じていただけるはずです。








昔から着物など大切なものをしまうのに重宝されてきた桐。ブライダルリングを収める箱と考えたとき、私たちは真っ先に桐の箱にしようと決めました。
ビズーの桐箱を作ったのは、埼玉県春日部のこの道40年の職人。丁寧につくられた桐箱は、すべてが均一で歪みひとつありません。正確な仕上がりの中に、温かみと凛とした表情をたたえる桐箱。
大切な指輪を入れて、お渡しします。






リングの素材は、プラチナと18金イエローゴールドからお選びいただけます。プラチナは凛とした白さが美しく、イエローゴールドは温かみのある輝きが魅力。ピンクダイヤモンドライン限定で、18金ピンクゴールドもお選びいただけます。

 








宝石の品質にこだわり続けるビズーだからこそ、ご安心いただける品質を保証するため、
ダイヤモンド・ピンクダイヤモンドともに世界最大級の鑑定書発行部数を誇る「中央宝石研究所」によって鑑定されたものを採用。
販売店の基準ではなく、世界的基準によって厳密にグレーディングされたダイヤモンドから、ビズーが定めた高品質グレードのものだけをリングにお付けいたします。
ご希望のお客様には、正式な鑑定書を発行することも可能。ご自身が手にしたダイヤモンドについて、詳細な情報をその目でご覧いただけます。
























いちばん近い場所で、人生を共にする「ブライダルリング」。
だからこそ、ゆったり、じっくり、椅子にかけていただいて、お二人の目で選んでいただきたい。
指輪はもちろん、「あのとき、こんな想いで選んだね」その瞬間も思い出になるから。
ビズーの店舗でお待ちしております。

店舗ページはコチラから >