HOME > ライブラリ > ご使用ガイド > リングの抜き方





   

指輪が抜けない!そんなトラブルはジュエリーをつける女性なら一度は経験したことがあるのでは?

お酒を飲んだり、季節の変化で指がむくんだ後や、少し小さめの指輪を無理につけてしまったりすると、帰宅後外そうとしたら抜けない!ということは良くあることです。

今回は、そんなピンチに慌てず対処する方法を紹介します。

 





  むくんだりして指輪が抜けないとき、「引っ張って抜く」のはムリだと考えてください。まずは深呼吸してリラックス。指の力を抜いて、ただ「少しずつずらす」というイメージを持ってください。
次に、指の腹側からグッと指輪を押して、手の甲側に空間を作ります。そして第2関節をかるくまげ、もう片方の手の指でリングの左右をつまんで「右左右左…」と交互に少しずつ上に抜いていきます。
 





  ミシン糸や、デンタルフロス、もしくは新聞などをまとめるビニール製のひもを使います。(細いほうが効果的)
まず、指とリングの間に糸を通して、指先にのびた一方を太くむくんでいる部分 (第2関節周辺)にかけて、ぐるぐると巻きつけていきます。そこにボディオイルやクリームなどを塗りすべりを良くします。その後、ボルトを外すように、リングを回しながら糸の上を滑らせて抜きます。
※オイルなどを塗った後は、かならず綺麗に洗浄してください。
 





  どうしても外したいのに外せない!そんな状態になってしまったら意を決して切断しましょう。消防署、病院で切断が可能です。ただし消防署の場合、切断機を置いていないところもあるようなので事前に確認するのがよいでしょう。  




大切な指輪が抜けないとなると誰しも力が入ってしまいがち。
しかし、慌てず焦らず、まずはリラックス!して上記の方法を試してみてくださいね。
当店の指輪をやむなく切断してしまった場合、リングの修理も承ります。同時にサイズ変更も可能ですので、ぜひ一度ご相談下さい。
(当店以外のリングの修理はお受けできかねます。予めご了承ください。)

お問い合わせはこちら