HOME > Bizoux > ブライダル > ピンクダイヤモンド









まるで、想い合うふたりの心を映したような、優しい色のダイヤモンド。

愛する人を想う胸の高鳴りを、その想いを受けとめた時の頬の紅潮を、

この桜色の一石に閉じこめて・・








奇跡のような確率で出会った運命の人には、それにふさわしい宝石を贈りたい。

100万分の1という、「奇跡」のような確率でしか生まれないピンクダイヤモンド。

その奇跡的な数字から、「運命の象徴」ともいわれています。








 

世界中の女性の心を惹きつけてやまない、ピンクダイヤモンド。なぜダイヤモンドが色づくのか、天然のピンクダイヤモンドができる理由は未だに解明されていません。そんな神秘のダイヤモンドの石言葉は、「永遠の愛」。ずっと色あせないふたりの想いを象徴する、「愛」の宝石です。




 

無色のダイヤモンドが「4C」という鑑定基準で価値が決まるのに対し、ピンクダイヤモンドは、何よりも色の美しさが重視されます。ビズーのピンクダイヤモンドは、特に美しい色を産出することで有名なオーストラリア・アーガイル鉱山産。私たちが探したのは、日本人が古の時代から愛してきた花「桜色」のダイヤモンドでした。トーンは柔らかなのに、はっきりと感じられるピンク色は、ダイヤモンド特有の強い輝きが重なり、まるで日差しを受けてきらめく桜の花のよう。そんなピンクダイヤモンドを、厳選して買付けました。




 

宝石の品質にこだわるビズーだからこそ、ご安心いただける品質を保証するため、世界最大級の鑑定機関「中央宝石研究所」によって鑑定されたダイヤモンドを採用。販売店の基準ではなく、世界的基準によって厳密にグレーディングされたピンクダイヤモンドをリングにお付けいたします。ご希望のお客様には、鑑定書を発行することも可能。ご自身が手にしたダイヤモンドについて、詳細な情報をその目でご覧いただけます。



ピンクダイヤモンドの婚約指輪はこちら >










いちばん近い場所で、人生を共にする「ブライダルリング」。

だからこそ、ゆったり、じっくり、椅子にかけていただいて、お二人の目で選んでいただきたい。

指輪はもちろん、「あのとき、こんな想いで選んだね」その瞬間も思い出になるから。

ビズーの店舗でお待ちしております。

 

店舗ページはこちら >












日本のものづくりの「粋」をあつめてお作りする、ビズーのブライダルリング。

指輪の全ラインナップから、職人たちの想い、ダイヤモンドのこだわりなどをまとめました。

さらに、ピンクダイヤモンドの別冊をおつけして、読み応えたっぷりのカタログとなっています。

※2017年1月30日よりお届け開始

 

ご請求はこちら >