HOME > Bizoux > ブライダル > ブライダルリングの知識

ダイヤモンド編



 ▶4C 

 ▶カラット(重さ) 

 ▶カット(輝き) 

 ▶カラー(色)

 ▶クラリティ(透明度)

 ▶インクルージョン 

 ▶キューレット 

 ▶クラウン 

 ▶テーブル 

 ▶ハート&キューピット 

 ▶パビリオン

 ▶鑑定書

 ▶ピンクダイヤモンド 

 ▶ラウンドブリリアントカット




素材



 ▶ゴールド 

 ▶プラチナ




             

用語集



 ▶ソリティア 

 ▶アーム

 ▶ルース 

 ▶メレ 

 ▶つや消し 

 ▶ストレートライン

 ▶V字 

 ▶U字 

   

 ▶ナミライン 

 ▶リングピロー

 ▶コンビネーションリング 






・ 4C 

ダイヤモンドを評価する、Carat(カラット=重さ)、Cut(カット=輝き)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティ=透明度)の国際的基準の4項目を指します。その頭文字が4つのC=4Cと呼ばれています。

・ カラット(重さ) 

「カラット」は、「大きさ」の単位ではなく、「重さ」の単位。0.2gを1カラットとし、「ct」と表記します。

・ カット(輝き)

ダイヤのプロポーション(形と仕上げ)の評価です。4Cのうち、「カット」だけは、人の手が作り出します。カットグレードはExcellentからPoorまでの5段階で評価されます。ビズーでは、最高の「Excellent」から「Good」のみを使用しています。

・ カラー(色) 

もっとも無色透明なものを「D」とし、以下E、F、G・・Zまで、その分類は、23にも分かれます。無色透明になるほど、価値があがり、各カラーの基準となるマスターストーンと比較して、微妙な色調の差異を判断します。ビズーでは、D〜Hという「無色〜ほぼ無色」と評価されたカラーのみを使用しています。

・ クラリティ(透明度)

ダイヤの透明度の評価です。専門家が10倍に拡大して検査し、インクルージョン(内包物)の有無や位置、サイズ、数などを総合的に判断して透明度を評価します。ビズーでは、10倍に拡大しても内包物の確認が困難な「VVS」「VS」クラスのみを使用しています。

・ インクルージョン

長い成長過程の中で、衝撃が加わったり、ひびや曇り、結晶が歪んだりした結果の総称を指します。偶然ほかの結晶が混入したりするものもあり、一つとして同じインクルージョンはなく、ダイヤの個性といえます。4Cの品質基準の「クラリティ」の部分で判断基準となります。

・ キューレット

パビリオンの下部にある尖端部分。

・ クラウン 

ガードルより上部の面のこと。

・ テーブル

ダイヤモンドのトップにある大きな面のこと。内部に入った光の反射を、見る者の目に返す役目があり、ダイヤの美しい輝きを引き出すために重要な部分です。

・ ハート&キューピット(H&C)

ダイヤモンドを特定のレンズで見ると、パビリオン側に 8つのハートとクラウン側に8つのアロー(矢)が現れるものがあります。石のカットのシンメトリー=対称性が優れているダイヤモンドや一定水準以上のプロポーションのダイヤモンドにこのハートと矢が現れます。

・ パビリオン 

ダイヤモンドの下部分、ガードルからキューレットまでの部分のことを指します。このパビリオンが深過ぎたり、浅過ぎても、光が十分に取り込めず、ダイヤ本来の輝きを引き出せないとされています。

・ 鑑定書 

別名グレーティングレポートと呼ばれており、ダイヤモンドの品質を専門家が分析したもの。「4C」のそれぞれの評価について分析結果を記載し、ダイヤモンドの個性が書かれています。ビズーでは世界最大級の鑑定書発行部数を誇る「中央宝石研究所」の鑑定書を発行。※鑑定書・鑑別書発行は店舗限定でのお受付となります。

店舗予約はこちら>


・ ピンクダイヤモンド 

天然ピンクダイヤは100万粒に1粒の「奇跡」といわれており、世界中の宝石のなかでも希少性の高い宝石です。石言葉は、「永遠の愛」。ビズーのピンクダイヤモンドは、良質で有名なオーストラリア・アーガイル鉱山産のものを使用しています。

ビズーのピンクダイヤはこちら>


・ ラウンドブリリアントカット 

ダイヤモンドの代表的なカッティング。58面体ものカットが施されており、上部から進入した光が全て内部で全反射し、ダイヤモンドの輝きを際立たせるように設計されています。このたくさんのカット面から光を取り込むことで、ほかの宝石には真似のできない輝きを放ちます。

婚約指輪はこちら>




・ ゴールド

「18金」は金の純度を表しており、24を基準に金の含有量が18/24、つまり75%であることを意味しています。残りの25%は銀や銅などのほかの金属が混ぜられて作られています。 純金はとても柔らかいため変形しやすく装飾品には向きません。そのためほかの金属を加えることによって強度を高くしています。ビスーで使用しているのは18金イエローゴールド。温かみのあるイエローゴールドは日本人の肌の色に合うことや、錆びにくく耐久性に優れていることから、プラチナと同様、ブライダルリングに使用される人気の金属です。

ゴールドの指輪はこちら>


・ プラチナ 

ジュエリーの素材の中で、プラチナ(白金)は融点・比重が高く耐熱性に優れており、長い年月身に着けても、日常生活の中で変質・変色することがありません。ビスーのブライダルリングで使用しているのはプラチナ900。数字の部分は純度を表しており、これは90%がプラチナ、10%がそのほかの金属という意味です。プラチナは本来柔らかい金属なので、ほかの金属と混ぜることで強度を出しています。しなやかで伸縮性があり、粘性も高い性質のため、宝石をリングにしっかりと留めることができ、ブライダルリングの細かなデザインの表現ができることもプラチナの特徴です。

プラチナの指輪はこちら>




・ ソリティア

フランス語でソリテール「単独」という意味から派生した言葉。 リング中央部に一粒のダイヤモンドをセッティングした、婚約指輪の代表的なデザインです。シンプルながらも上部、横などから光が入り込み、ダイヤモンドの美しさが最も惹き立てられる。

ソリティアの指輪はこちら>


・ アーム 

リングの指を通す金属の輪の名称。アーム、あるいは腕と呼ばれています。

・ ルース 

別名「裸石」とも言われており、リングの枠に加工されていない宝石のみの状態のことをいいます。

・ メレ

国や鑑定機関によって異なりますが、ダイヤモンドでは0.2カラット以下。色石では約3mm未満の小さなストーンの総称です。

メレダイヤ付きの指輪はこちら>


・ つや消し 

職人がヤスリがけして、指輪表面に細かい凹凸を刻む加工方法です。別名「マット」とも呼ばれている。通常の鏡面仕上げよりも控えめに輝き、落ち着いた印象に仕上がることが特徴です。

・ ストレートライン 

指輪の腕(アーム)が真っ直ぐな形状のもの。シンプルで王道のデザインとして人気が高く、婚約指輪やファッションリングとの重ねづけもしやすいことが特徴です。

ストレートの指輪はこちら>


・ V字 

アルファベットのV字の形のように、中心部が下がっている形状のもの。視線が下がるので、指先を細く長く見せてくれる効果もあります。

V字の指輪はこちら>


・ U字 

アルファベットのU字の形のように、中心部が少し下がっている形状のもの。V字よりはなだらかに下がっているため、やわらかい印象に見せてくれます。

U字の指輪はこちら>


・ ナミライン 

別名ウェーブラインとも呼ばれている。波打つような指の流れに沿ったラインが、美しい曲線を演出し、優しい印象を与えてくれます。

・ リングピロー 

挙式の指輪交換のため、新郎新婦の結婚指輪を置いておくものとして使われています。ふたりの指輪を結びつけるリボンには「絆を結ぶ」、指輪の円の形には「永遠」という意味が込められています。結婚式で祝福をいっぱいに浴びたリングピローを、生まれてくる赤ちゃんの初めての枕(ファーストピロー)にすると、末永く幸せになれるという言い伝えがあります。

・ コンビネーションリング 

プラチナとゴールドとの2種類の素材を組み合わせたリングをコンビネーションリングといいます。ビズーでは、一点一点地金を叩いて作る「鍛造(たんぞう)」という製造法を用いて作成しています。

コンビネーションの指輪はこちら>