真珠の違いって? アコヤパールと湖水パール ビズー自由が丘本店

 

こんにちは。ビズー自由が丘本店です。

今回はアコヤ真珠と湖水パールの違いに迫っていきたいと思います!

 

 

最も大きな違いとして挙げられることは海水で育ったか、川などの淡水で育ったかという点なんです。一般的に海に生息する真珠貝は別名「アコヤ貝」と呼ばれることから採れる真珠をアコヤパールと呼びます。他にも黒蝶真珠やマベ真珠など、海水パールにもたくさんの種類があるんですよ!

一方、淡水で育った真珠を淡水パールと呼びますが、以前から淡水パールは海水パールに比べ品質が劣ると言われていました。しかし、1990年代に入りアコヤパールと肩を並べるほどの良質な淡水パールの養殖に成功したのです。それがビズーでも取り扱っている湖水パール。中でも湖水パールは、ジュエリーというよりアクセサリー感覚であった淡水パールの概念を大きく覆したのです!!

真珠(パール)を育てるのには大体1年〜3年。湖水パールはテリ・大きさ共に高品質で、ここまでの大きさに育つまで8年もの時間を有するのです。

 

 

 

また、養殖の方法にも違いがあります。一般的にパールは核の上に真珠層を巻かせて生成させるのですが、湖水パールは核ではなく細胞片だけを入れた無核の真珠なのです。通常、角が入っていない真珠はいびつな形が多い事に対し、湖水パールはアコヤパールと同じように中心から真珠層が巻きついていくという性質があるので、真円に近い形に形成されるのです。

 

 

真珠の品質を見極めるに当たって重要になってくるのが【巻き】と呼ばれる真珠層の厚みなんです。厚巻きの真珠は自然光のもとで美しく輝きますが、巻きが少ない真珠は真珠の中心部にある核が透けて見えるため、輝きも発色も劣ります。ビズーで取り扱っている真珠たちは巻きが厚い為、末長くご愛用いただけるかと思います。経年で変化していくテリを愛でることができるのも真珠(パール)ならでは。

 

 

ビズーで扱っている真珠は、バイヤーが厳選した品質の良いものを使用しております。中でもアコヤパールを使用したリング【ポーラ】は、花珠と呼ばれる特に優れた個体なんです。

花珠とは、先ほど記載いたしました「巻き」光沢や輝きを表す「テリ」他にも色や大きさなど、様々な基準をクリアした真珠に与えられる称号です。他のデザインに比べ小粒ではありますが、その色と輝きはうっとりするほどに艶かしいです…!

 

 

真珠にはホワイトやメタリックパープル、などの色味をご用意しております。

こんなにたくさんのお色味が出る理由もしっかりとあるのですが、とても難しいお話ですのでまたのご機会に。

 

 

冠婚葬祭のイメージが強い真珠ですがもっと気軽にカジュアルな装いの時に身につけても素敵なんです。真珠の一連のネックレスもいいけれど、時代は令和。ジュエリーをもっと幅広く楽しめる時代に。

 

 

天然パール・真珠ジュエリーはこちら

 

ビズー自由が丘本店の予約はこちらから

_______________

Bizoux(ビズー)自由が丘本店
東京都目黒区自由が丘1-16-12-1F

東急東横線/東急大井町線 自由が丘駅
正面口より徒歩6分

TEL:03-3717-9390

営業時間:11:00〜19:00

_______________

 


2か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください